NORi の水彩画|鳥のいる風景 〜光と影の透明水彩技法〜


NORi
こんにちは、NORi です。

今回はわたくしの
『鳥の作品』をご紹介します。

NORi
普段いつでもどこでも
目にすることができる鳥といいますと、

公園で日向ぼっこをしていれば
気がつくとあちらの方から
近づいてきてくれることもある

すずめではないでしょうか。
 

すずめの仕草は
本当に可愛らしいですね。

明るい日差しの中で佇むすずめ達の姿を
透明感あふれる水彩画で
描きたいと思っています。

 

【水彩画・鳥】すずめがやってきた?

pinky-waterlily

『 Harmony 』<透明水彩画(作品の一部)> by NORi

この作品は
我が家にやってきた
すずめ達を描いた作品です。

この時のことを少し
お話してみようと思います。
 

■ ある夏の日のことでした。

ある夏の日
私は実家に帰省をしていました。

『 暑くなってきたから
そろそろ庭先に水を置いておくと
鳥が水浴びをしにやって来るよ

そう笑って母が言いました。
 

実家の庭先には
ささやかな鳥の水浴び場があり、

確かに
鳥が遊びにやってくるのです。
 

私は自分の家に戻ると早速、

植木鉢の下に敷くお皿を一枚使って
水を入れて
庭先に出しておくことにしました。

 

来る日も来る日も

鳥が遊びに来てくれるのを
じっと待っていましたが、

なかなか遊びには来てはくれません。
 

■ 作戦変更。

反応が全く見えない中で
わたしは考えました。

『水が足りないのかな?
それとも気がついていないのかな?』
 

もっと鳥たちに
水があることをアピールしてみようと思い、

植木鉢に敷くお皿を片っ端から集め
庭先にずらりと並べてみました。

そして
遠くからも分かるように
水をたっぷり入れてみました。
 

すると、

チュンチュンと鳥の鳴き声が
上の方から聞こえてきました。

興味を持ち始めたようです!
 

しかし、警戒心が先に立つようで
なかなか降りてきてはくれません。

安全・安心を確認しているのでしょう。

しばらく庭には出ずに
このまま静かに待つことにしました。
 

その日も結局、やってきませんでした。
 

■ この世の天国

それからの私の夏の日課
早朝に庭先の水まきをしながら

お皿の水を新鮮なものに変えること。
 

来る日も来る日も
そんな風にしてお庭に水を置いていたのです。

そんなある日、
部屋からふと庭の方を見ると

鳥の姿が!!!
 

わたしは慎重に
カーテン越しに窓へ近づきました。

よく見ると
すずめが 10 羽ほど

植木の葉っぱを突っついたり
水浴びをして遊んでいました。
 

わたしは
嬉しくて嬉しくて

カーテン越しに
時間を忘れて眺めていました。
 

大袈裟なようですが、

その景色はまるで
この世の天国を見ているようでした。

【水彩画・鳥】すずめと透明水彩

pinky-waterlily

『 Harmony 』<透明水彩画 (67cm×47cm framed)> by NORi

ここからは
透明水彩という技法のことを
少しご紹介してみようと思います。
 

わたくしが専門としております
透明水彩というのは

水彩画の中でも
透明度の高い絵の具の特徴を活かした
繊細な色の重なりが得意な技法です。

 

透明度が高いというのは
紙の白さまでもが透ける
という特徴があります。

そのため
紙の白さや質感が作品の一部として
絶妙なニュアンスを生み出します。
 

作品の一番下の層にある紙の白さが
暗く覆い隠されることのないように
鮮やかな色を薄く塗り重ねることで

内側から柔らかな明るい光が
放たれるかのような

立体的で色彩豊かな
透明感あふれる水彩画を
生み出すことができます。

 

■ すずめの色を使わない?

すずめの色というと

一般的に茶色、黒、白の3色
思いつくのではないでしょうか。
 

このような
一見シンプルな色に見えるすずめも

よく見ると
ふんわりとした羽が光を反射して
美しい色を幾重にもまとっています。
 

陽だまりで遊ぶすずめ達の姿には
そんなキラキラとした
優しい色彩があふれています。

そんなすずめ達の姿、動きを
私は描きたいと思っています。
 

そこで今回の作品では
鮮やかな色を薄く何度も塗り重ね、
また
水の流れに乗せた色の濃淡によって、

この茶色、黒、白の3色
色のハーモニーとして表現するといった
透明水彩ならではの技法で試みました。

 

これからも
すずめの観察を続けながら

軽やかな色彩ですずめの愛らしさ
表現できたらと思います。
 

【水彩画・鳥】-おわりに。

pinky-waterlily

NORi
作品に仕上げるまでに
わたしは
何度もすずめのデッサンをしました。

デッサンを繰り返している時に
ふと
それまで動物を描いてこなかったことに
気が付きました。
 

すずめ達が見せてくれた
天国のような景色が

私を水彩画の新しい世界に誘ってくれました。